top of page

SCANDAL(有名人への眼--ゼレンスキー大統領を広島空港にはじめて迎えた人)

2023/8/03


今年の4月30日の恒例のWH記者協会主催の夕食会は、米国大統領出席で開かれた。年に一度のジョークを、飛ばし合う、無礼講の日だが、出席者が米国マス・メディア(立法・司法・行政の次の第四の権力=the fourth estateと、謂われる言論界)のエリートである。その中で、狂言回しの役で登場するのがコメディアンRoy Wood JR.氏であり、彼が選んだ今年のテーマは、SCANDALであった。ジョークというよりFox NewsのTucker Carlson氏や、CNNのDon Lemon氏の解雇の話題では、元同僚諸氏の笑えぬ悲しみに満ちた表情が印象的だった。そして、Wood氏の真剣な話は、地方紙記者の不屈の精神の礼賛で締めくくられた。

今日の話題のSCANDALは、週刊誌に13ページに及ぶ記事のことである。

御遺体 - 事件性  =  自殺体

できるだけ事実を、伝えたいという現場関係者の思いがあふれた押し殺した記事から、真実へ到達するという現場関係者のJustice(正義)への不退転の決意が読み取れる。野党が国会で本件を質問するとあったが、『週刊誌の記事によれば、、、』という引用の枕詞は止めてもらいたい。調査権ある議員としての足で稼いだ汗の滲んだ独自の質問を、してほしい。

関係者の一点の曇りもないLaw Enforcement(法の執行)を、お願いいたします。何しろあのサミットで、ゼレンスキー大統領を、広島空港で、最初に迎えた現政府高官が、渦中のSCANDALの対象者だからです。

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「政治とカネ」の問題は、「自分とカネ」の問題

2024/05/04 各政党の「政治とカネ」に関する解決案が、提出されている。党利党略の中で、今国会で、成立を予測するのは困難だし、各党の妥協の産物である解決策など、見たくはない。ここは、少し時間をかけて、議会得意の「第三者による諮問委員会」を立ち上げ、その公正・公平な諮問案を国民の前にも提示してほしいものであります。政党や議員各位は、本件の諮問には、利害関係の当事者であるので、遠慮してもらって、

首相最側近の方の発言は、3補選前に非常に重い

2024/04/25 日本と米国の政治制度の違いで、日本の官僚機構の優秀性と永続性に言及したことの意味は、政権交代に言及するより重かった。つまり、選挙で選ばれた衆・参国会議員の中の1人が、出身政党を問わず多数決で首相になれるということだ。村山富市元総理がそうだった。政治とカネの問題は、選挙に勝つ方法のひとつが、カネを多く集めたほうが票も集め勝つ(?)ということを示していたと思う。金持ちが勝つという

麻生氏訪米の謎

2024/04/23 首相訪米の直後、何故、「もしトラ」などと言われ、米政府関係者も不快(?)ととられるコメントするような旅を行なったのか?28日の補選前に、訪米した事に、素人は、疑念を持つ。 麻生氏は、現副総裁であり、首相・外相も歴任されたお方である。外交のセオリーである二元外交は絶対しないはずである。でも、訪米したのは、次期首班を含めた『政(まつりごと)』の相談ではなかったのか? 折りしもCN

Comments


bottom of page