top of page

財源を明示しないで、総選挙を執行する予定の保守(?)政治家より、16日の世界の至宝大谷投手(党首)の勝利を応援します!


2023/6/14


巨額の税金をかけ、大義名分のない選挙を、行なおうとしている事に、意味をみいだせない。結果は、弱小・分裂政党を相手なら、勝てると踏んでのことだろう。取りこぼしするなら、大義名分のない選挙に不満の有権者、既成政党に飽きた有権者の獲得で、投票率に上昇が見られることだろう?国民の賛否の判断である投票率の上昇が、勝ち負けの判断となるだろう。前回並みの投票率では、ジバン・カンバン・カバンが磐石なら、公邸のひな壇が、眼にちらついても問題ない。

それより、大谷投手の16日の同地区首位の対レンジャーズ戦の勝利投手が、喫緊の関心事だ。10日のマリナーズ戦の5回、あの大打者トラウト選手を、2アウト2.3塁から敬遠もせず真っ向勝負したのだ。2塁ランナーは、勝利投手の権利がかかった大谷選手だった。マリナーズの大投手カスティーヨは、現地解説者が、勝負のあとすぐに、2塁にいた大谷選手を振り返ったことに関して、“Slider、、Love、、Birdie、、”と、大感激したのだ。トラウト選手より2塁塁上の大谷投手を、意識していたのだ。ヒット、ホームラン、二塁打と、3本打たれているのに、勝利投手の権利は渡せないとしたすばらしいMLBの1シーンだった。大谷投手が、ベンチに戻り、棚に何度も道具を収めている姿は、勝利投手の権利を失った悔しさのように見えた。16日は、ぜひ勝利投手をと、全力で応援せずにはいられない。

                   

篠崎正幸

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「政治とカネ」の問題は、「自分とカネ」の問題

2024/05/04 各政党の「政治とカネ」に関する解決案が、提出されている。党利党略の中で、今国会で、成立を予測するのは困難だし、各党の妥協の産物である解決策など、見たくはない。ここは、少し時間をかけて、議会得意の「第三者による諮問委員会」を立ち上げ、その公正・公平な諮問案を国民の前にも提示してほしいものであります。政党や議員各位は、本件の諮問には、利害関係の当事者であるので、遠慮してもらって、

首相最側近の方の発言は、3補選前に非常に重い

2024/04/25 日本と米国の政治制度の違いで、日本の官僚機構の優秀性と永続性に言及したことの意味は、政権交代に言及するより重かった。つまり、選挙で選ばれた衆・参国会議員の中の1人が、出身政党を問わず多数決で首相になれるということだ。村山富市元総理がそうだった。政治とカネの問題は、選挙に勝つ方法のひとつが、カネを多く集めたほうが票も集め勝つ(?)ということを示していたと思う。金持ちが勝つという

麻生氏訪米の謎

2024/04/23 首相訪米の直後、何故、「もしトラ」などと言われ、米政府関係者も不快(?)ととられるコメントするような旅を行なったのか?28日の補選前に、訪米した事に、素人は、疑念を持つ。 麻生氏は、現副総裁であり、首相・外相も歴任されたお方である。外交のセオリーである二元外交は絶対しないはずである。でも、訪米したのは、次期首班を含めた『政(まつりごと)』の相談ではなかったのか? 折りしもCN

Comments


bottom of page