top of page

3個の個人的意見

2024/04/06


その1 --- 水原氏の現在の消息が不明である。韓国からの足取りが消えた。水原氏は、確か今回の賭博関係で、『身の危険が、迫っている』と、述べたのを、記憶しているのだが間違っていたのなら、謝ります。それは、ともかく、これだけの関心事の当事者が、突然行方不明になるとは考えにくい。米国のどこかの機関で保護していると思われる。早く無事の姿が見たい。


その2 --- 神宮の外苑の森が伐採される計画が、イコモスによって、再開発撤回として、協議が続けられている。この事は、東京の2回目のオリンピックに見られた反対や、現在の大阪万博に開催への冷ややかな眼と共通しているように見える。過去には、東京日本橋上の高速道路や古くは、銀座4丁目の数寄屋橋の下の外堀川の埋め立てでの景観破壊である。都電も四方八方に走っていた。


そして、もっと大きなことは、地方の衰退過疎化である。大都市に集中する図式は、政治・経済の中心としての反映を謳歌している様に見える。これは、地方国会議員の縮小として、格差として残り、例えば、米国の州毎による上院の定数制などはなく(日本であれば、県毎の定数制はなく)、人口増減だけである。 

 

その3 --- 自民党の現在は、何か、少数派閥であった旧岸田派が、真空(?)の中を突き進んでいるように見えます。4月11日の米国上・下両院合同会議での「未来の日米同盟」のaddress(演説)に期待しております。


篠崎正幸

閲覧数:67回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「政治とカネ」の問題は、「自分とカネ」の問題

2024/05/04 各政党の「政治とカネ」に関する解決案が、提出されている。党利党略の中で、今国会で、成立を予測するのは困難だし、各党の妥協の産物である解決策など、見たくはない。ここは、少し時間をかけて、議会得意の「第三者による諮問委員会」を立ち上げ、その公正・公平な諮問案を国民の前にも提示してほしいものであります。政党や議員各位は、本件の諮問には、利害関係の当事者であるので、遠慮してもらって、

首相最側近の方の発言は、3補選前に非常に重い

2024/04/25 日本と米国の政治制度の違いで、日本の官僚機構の優秀性と永続性に言及したことの意味は、政権交代に言及するより重かった。つまり、選挙で選ばれた衆・参国会議員の中の1人が、出身政党を問わず多数決で首相になれるということだ。村山富市元総理がそうだった。政治とカネの問題は、選挙に勝つ方法のひとつが、カネを多く集めたほうが票も集め勝つ(?)ということを示していたと思う。金持ちが勝つという

麻生氏訪米の謎

2024/04/23 首相訪米の直後、何故、「もしトラ」などと言われ、米政府関係者も不快(?)ととられるコメントするような旅を行なったのか?28日の補選前に、訪米した事に、素人は、疑念を持つ。 麻生氏は、現副総裁であり、首相・外相も歴任されたお方である。外交のセオリーである二元外交は絶対しないはずである。でも、訪米したのは、次期首班を含めた『政(まつりごと)』の相談ではなかったのか? 折りしもCN

Comments


bottom of page