top of page

G7広島サミットの成功を祈る!~米国大統領は広島を訪問するのか?

2023/5/12


恒例になった米国の債務上限 (debt ceiling) の引き上げ問題は、民主・共和両党の協議というより駆け引きが、6月1日債務不履行 (default) で、世界経済を恐怖に陥れないために、断続的に続いている。その事で、大統領のサミットへのオンライン出席とか、スケジュール変更とか、言われているが、本音は、原爆資料館を訪れるか否かという問題ではないのか、と思う。


2024年の大統領選出馬を表明した以上、昨日のトランプ前大統領のタウンミ-テイングの失敗 (?) から、ここから一気呵成に攻め込む方法を選んだのではないか?米国の保守派エリート (?) と呼ばれる (バイデンさんは、カトリックで違うが、、、) WASP ( White Anglo-Saxon Protestants) や、トランプさんの岩盤 (bedrock) 保守支持層へ少しでも食い込むかのチャンスと捕らえているのではないか?


そこで、米国の歴史上、日本人に与えた三大罪のひとつである原爆投下の広島 (もうひとつは、長崎、そして、戦時中の日本人収容である) に現在の米国内政治状況の中で行くメリットがあると、考えいないのではないかと残念ながら思う。そして、米国は、日本の真珠湾攻撃こそ礼儀正しいサムライの国の宣戦布告なしの卑怯な奇襲攻撃として、12月7日を“Remember Pearl Harbor !”、今でも必ず野蛮な不意打ち行為であり、太平洋戦争の発端を作り、原爆投下に至らしめたものとして、ニュースでも取り上げているのだ。


日米間には、避けては通れぬ歴史があるのは事実であるが、そのことは、両国の友好のためには、寧ろじっくりと、個々人の考えの基で、自覚して、把握しておきたいものだ。過去の尊い犠牲者のお陰で、今ここで、お互いに活躍しているのだから。また、必要でなければ、話さなくてもよいという立場である。歴史をどう見るのかは、個々人の考え方であり、その個々人の考え方は、尊重されねばならないからだ。


広島でのG7サミットの成功を祈っています。


                                            篠崎正幸

閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「政治とカネ」の問題は、「自分とカネ」の問題

2024/05/04 各政党の「政治とカネ」に関する解決案が、提出されている。党利党略の中で、今国会で、成立を予測するのは困難だし、各党の妥協の産物である解決策など、見たくはない。ここは、少し時間をかけて、議会得意の「第三者による諮問委員会」を立ち上げ、その公正・公平な諮問案を国民の前にも提示してほしいものであります。政党や議員各位は、本件の諮問には、利害関係の当事者であるので、遠慮してもらって、

首相最側近の方の発言は、3補選前に非常に重い

2024/04/25 日本と米国の政治制度の違いで、日本の官僚機構の優秀性と永続性に言及したことの意味は、政権交代に言及するより重かった。つまり、選挙で選ばれた衆・参国会議員の中の1人が、出身政党を問わず多数決で首相になれるということだ。村山富市元総理がそうだった。政治とカネの問題は、選挙に勝つ方法のひとつが、カネを多く集めたほうが票も集め勝つ(?)ということを示していたと思う。金持ちが勝つという

麻生氏訪米の謎

2024/04/23 首相訪米の直後、何故、「もしトラ」などと言われ、米政府関係者も不快(?)ととられるコメントするような旅を行なったのか?28日の補選前に、訪米した事に、素人は、疑念を持つ。 麻生氏は、現副総裁であり、首相・外相も歴任されたお方である。外交のセオリーである二元外交は絶対しないはずである。でも、訪米したのは、次期首班を含めた『政(まつりごと)』の相談ではなかったのか? 折りしもCN

Comments


bottom of page