top of page

鉄壁と思われたイスラエルが、何故侵入されたのか?

更新日:2023年10月10日

2023/10/09


物理的にも情報収集でもその安全保障の先進性は、世界で群を抜いていると思っていた。しかし、今回のハマスの組織的な陸・海・空の間髪をいれない侵入は、4,000発以上のロケット砲攻撃とともに驚きであった。そして、当初は、イスラエルが無防備に近いことを露呈した。


この侵入の背景としての環境では、以下が考えられる;

  • イスラエルとサウジアラビアの接近

  • 米国に於ける民主・共和の対立からウクライナへの資金援助を除外した議会法案通過直後、米国に居住する750万人のユダヤ系の人たちの多数と、共に、一枚岩として、米国が、イスラエルを支援するか不確定

  • イスラエルの情報機関の判断は、その確率性から、先制攻撃も辞さないというような信頼があると思われる。今回、イスラエル情報機関は、多数の組織体の構成員の事前準備活動を、把握できないとのハマスの判断


この侵入で、イスラエルの100人以上が、人質として拉致されたとある。日本では、拉致された家族の問題は、長期間解決されていない。最大の愛の1単位である家族と、恋人たちを、どうか離れ離れにしないでほしい。ましてや、人間の盾にするような行為は、許されない。


篠崎正幸

閲覧数:42回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「政治とカネ」の問題は、「自分とカネ」の問題

2024/05/04 各政党の「政治とカネ」に関する解決案が、提出されている。党利党略の中で、今国会で、成立を予測するのは困難だし、各党の妥協の産物である解決策など、見たくはない。ここは、少し時間をかけて、議会得意の「第三者による諮問委員会」を立ち上げ、その公正・公平な諮問案を国民の前にも提示してほしいものであります。政党や議員各位は、本件の諮問には、利害関係の当事者であるので、遠慮してもらって、

首相最側近の方の発言は、3補選前に非常に重い

2024/04/25 日本と米国の政治制度の違いで、日本の官僚機構の優秀性と永続性に言及したことの意味は、政権交代に言及するより重かった。つまり、選挙で選ばれた衆・参国会議員の中の1人が、出身政党を問わず多数決で首相になれるということだ。村山富市元総理がそうだった。政治とカネの問題は、選挙に勝つ方法のひとつが、カネを多く集めたほうが票も集め勝つ(?)ということを示していたと思う。金持ちが勝つという

麻生氏訪米の謎

2024/04/23 首相訪米の直後、何故、「もしトラ」などと言われ、米政府関係者も不快(?)ととられるコメントするような旅を行なったのか?28日の補選前に、訪米した事に、素人は、疑念を持つ。 麻生氏は、現副総裁であり、首相・外相も歴任されたお方である。外交のセオリーである二元外交は絶対しないはずである。でも、訪米したのは、次期首班を含めた『政(まつりごと)』の相談ではなかったのか? 折りしもCN

Comments


bottom of page