top of page

米国との合併(日米同盟の深化とは?)

2023/12/27


半年ほど前に、一人の青年が近寄ってきて、「米国との合併を、政治家を目指すなら、提案できないんですか?」、その時、答えに窮し、国体・憲法・国民感情・政治体制等、種々意味不明な脈絡が無いことを、答えたように思いました。今、民間レベルでは、世界一高額の契約を、米国社会(?)が、受け入れたと思います。傑出した選手であれば当然なのでしょうが、2回のMVP受賞が、満票だった事を、考えると米国MLB担当記者の自由・公正さを求める記者魂が、感じられます。


それに比較して、カネと、ジバン・カバン・カンバンと、利害関係の繋がり関係を、手に入れなければ、得票を得ることは出来ないという現実から、選挙体制を、現職有利から、新人も平等に扱う選挙運動に公職選挙法を、書き直していただけないでしょうか?政治資金の多寡で、当選を決めてもらっては、論外なのです。現在の問題が、一巡すれば、政治資金の改正だけで、終わってしまうのです。票がほしいという事では、宗教等の団体からの支援は、当選するためには必要であり、交流ある人は、継続します。簡単に票を減らす行動などありえません。今回のパーティ券問題でも、野党の追及は、国民に響いてないように感じる。政権の交代となれば、大きな政治変革の動きが必要だが、国民の“熱量”も余り感じられないということは、わたしだけだろうか?


そして、現政権に訴えたいことが、あります。


① 拉致被害者の現政権任期中の北朝鮮よりの帰国実現


北朝鮮との外交は、最も難しいでしょう。しかし、日本国として、避けては通れないことです。北朝鮮に、資金を援助すれば、北朝鮮も身代金誘拐とみなされるので、資金援助は出来ないと、思われます。日本も中国あるいは、韓国とも協議して進めて行きたいのですが、日本ほど切実では、無いでしょう?ただ、戦争の賠償金となると、現在の国際情勢から、難しいですが、これ以外には金をだす大義名分は無いでしょう?人道的な交渉ということも、北朝鮮と話すことは、ありえないでしょう。唯、お嬢さんの政治への参加は、拉致被害を受けた国としては、何らかの取っ掛かりの手段となるのかは、わかりませんが、期待します。米国は、今、次期大統領選準備中でありますが、交渉の糸口をぜひ見つけてもらいたいものです。この点だけでは、トランプさんの方が、良かったのかな?政府は、拉致被害者家族の皆様には、公式の中間報告を、政府として、すべきです。米中韓が、特に米国の情報筋からの協力に期待します。北朝鮮は、今、王朝ですので、気を使うのは、当然です。


② 地方の過疎化の増大


少子化対策のドタバタから、本筋は、将来の人口減少をどうするかです。移民政策を拡充(米国のように、多くは、資金ある人、優秀な人へのグリーンカード(永住許可))するか、このままの現状維持(単一民族)か。この問題は、国民の総意で決定するしか方法はありません。地方が、弱体化することは、許されません。国会での地方選挙区議員の議員定数削減での歯止めでは、憲法改正が必要になるのか?また、沖縄へのこれ以上の負担の増加は、許されないでしょう。過疎化の地方への大規模固定資産税軽減、住民税の優遇、国家レベルでの観光政策等、人口増、集客に重点を置いた政策が必要ではないでしょうか? 移民政策の拡充となれば、移民当事者の子息の教育というものがあります。移民者の定着の為にも、子息には、日本のインターナショナル・スクールを、準備する方向で検討しなければならないでしょう。


③ 子弟への教育内容の早急な改善は、為されない


基礎研究分野では、ノーベル賞2年連続受賞者なし、世界の大学のランキングの順位、注目論文引用数でも、日本は余り目立たなくなってきた。社会現象となっている生成AIでも、国内からの“熱”は、余り感じない。日本では、最近留学生が、減少しているという。しかし、裕福な家庭からは、俳優やタレントの子息は、欧米の学校に留学しているということを、テレビ等で耳にする。政治家の子息も欧米の大学に留学して、欧米大学卒を肩書きにする。何を、言いたいのかというと、日本の小中高生の中では、裕福な家庭は、留学、有名外国校の日本姉妹校、インターナショナル・スクール等での授業に参加して、主に英語教育の充実に資金を投じている。それと、日本の優秀高校でも大学は、欧米名門校に直接入学して、現在の富の象徴である欧米有名大学のPh.D.取得を目指すというような傾向もあるやに聞いた。聞いたところによれば、欧米の大学院では、日本からの院生は、他国の優秀院生とは、仲良く生活していけるらしい。というのは、日本の院生・学生とも何故か“帰巣本能”があって、学業を終えると日本に帰国するからである。何故なら、将来の教授陣の席を争う前に帰国するので、他国と違って日本学生は、当面ポストを争う人ではない。しかし、今後は、日本人もわからくなるだろう。そして、留学先では、“FREEZE(そこを動くな)!”という言葉と、周囲警戒は、怠らぬようにすべきだ。


日本での語学力機会均等を義務教育から求めるのであれば、ITの最新機器を希望生徒・学生に貸与すべきである。


番外


茅ヶ崎市の公立小学校中学校のALT (Assistant Language Teacher) の教員数は、4/14と変わらず半年後の10/16時点で、小学校6名、中学校3名の現状維持でした。文部科学省の令和3年度のALT統計から一連の関連webを、見ましたが、基準給料からでは、今、欧米が、特に米国が好景気の中で、ALTの人数が増えるとは、考えにくい状況です。


篠崎正幸

閲覧数:43回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「政治とカネ」の問題は、「自分とカネ」の問題

2024/05/04 各政党の「政治とカネ」に関する解決案が、提出されている。党利党略の中で、今国会で、成立を予測するのは困難だし、各党の妥協の産物である解決策など、見たくはない。ここは、少し時間をかけて、議会得意の「第三者による諮問委員会」を立ち上げ、その公正・公平な諮問案を国民の前にも提示してほしいものであります。政党や議員各位は、本件の諮問には、利害関係の当事者であるので、遠慮してもらって、

首相最側近の方の発言は、3補選前に非常に重い

2024/04/25 日本と米国の政治制度の違いで、日本の官僚機構の優秀性と永続性に言及したことの意味は、政権交代に言及するより重かった。つまり、選挙で選ばれた衆・参国会議員の中の1人が、出身政党を問わず多数決で首相になれるということだ。村山富市元総理がそうだった。政治とカネの問題は、選挙に勝つ方法のひとつが、カネを多く集めたほうが票も集め勝つ(?)ということを示していたと思う。金持ちが勝つという

麻生氏訪米の謎

2024/04/23 首相訪米の直後、何故、「もしトラ」などと言われ、米政府関係者も不快(?)ととられるコメントするような旅を行なったのか?28日の補選前に、訪米した事に、素人は、疑念を持つ。 麻生氏は、現副総裁であり、首相・外相も歴任されたお方である。外交のセオリーである二元外交は絶対しないはずである。でも、訪米したのは、次期首班を含めた『政(まつりごと)』の相談ではなかったのか? 折りしもCN

コメント


bottom of page