top of page

法律をつくる人が、法律をやぶれば、即刻“退場!”です。

2023/12/12


日本に民主主義が、根付かないのは、その敗戦直後に、押し付けられたから、また、欧米のように「国民が勝ち取った。」ものではないから、という意見があります。しかし、立法府の国民の代表者が、理由の如何を問わず法に抵触すれば、身を引くべきです。


① 不思議でならないのは、過去何年も前から、本行為があったにもかかわらず“大々的”にならなかったことである。この点では、最近の下記することと似ている。

  • マスメディアの沈黙 ‐‐‐ムラ社会の掟を守ることは、一番肝要である。政界の情報ネタを得るためには、何か問題となることを、口外することは、御法度である。今回も、大学教授からの告発を、当局が受理し、動き出してから何らかの情報を得て、公に動きだしたのだと思います。あの“ウォーターゲート事件”は、何だったのか?

  • 権威者の存在 ‐‐‐会社や大学等には、不祥事案件(?)を扱う法曹関係や司法執行機関OBの多くが、在籍しています。アメフト事件では、証拠品留め置きやもみ消しということで、言及されていました。しかし、今回のキックバックは、法曹等の関係者・当事者が、多数いらっしゃる“立法府”で起こったのです。


② 近づく総選挙

投票率が低ければ、ジバン・カバン・カンバンや国会中継でも詰問された議員もいる二世議員の多数が、当選する。日大アメフト部を廃部にする「一蓮托生」の論理に正当性があるなら今回のキックバックも、皆、同じ議院に所属し『見て見ぬ振り』ではないのか?新しい議員を選ぶ為に、自分の信念と、理想のためにまず第一に、投票所に新たに、足を運ぶ事である。投票率が、この国の民主主義のバロメータです。

篠崎正幸

閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「政治とカネ」の問題は、「自分とカネ」の問題

2024/05/04 各政党の「政治とカネ」に関する解決案が、提出されている。党利党略の中で、今国会で、成立を予測するのは困難だし、各党の妥協の産物である解決策など、見たくはない。ここは、少し時間をかけて、議会得意の「第三者による諮問委員会」を立ち上げ、その公正・公平な諮問案を国民の前にも提示してほしいものであります。政党や議員各位は、本件の諮問には、利害関係の当事者であるので、遠慮してもらって、

首相最側近の方の発言は、3補選前に非常に重い

2024/04/25 日本と米国の政治制度の違いで、日本の官僚機構の優秀性と永続性に言及したことの意味は、政権交代に言及するより重かった。つまり、選挙で選ばれた衆・参国会議員の中の1人が、出身政党を問わず多数決で首相になれるということだ。村山富市元総理がそうだった。政治とカネの問題は、選挙に勝つ方法のひとつが、カネを多く集めたほうが票も集め勝つ(?)ということを示していたと思う。金持ちが勝つという

麻生氏訪米の謎

2024/04/23 首相訪米の直後、何故、「もしトラ」などと言われ、米政府関係者も不快(?)ととられるコメントするような旅を行なったのか?28日の補選前に、訪米した事に、素人は、疑念を持つ。 麻生氏は、現副総裁であり、首相・外相も歴任されたお方である。外交のセオリーである二元外交は絶対しないはずである。でも、訪米したのは、次期首班を含めた『政(まつりごと)』の相談ではなかったのか? 折りしもCN

Comments


bottom of page