top of page

最近消えた相撲界の2人

2024/03/14


「手をついて」という激しい厳しい声が、この二場所余り聞こえなくなった。立会いにも『今のは、手を付かなかったのではないの?』と、疑問符が聞こえるような立会いが、少し多くなったように感じる。ある力士が、手をつかないで立ち上がると、その相撲を、いかなるときでも、立会い成立せずということで、仕切りなおしにするという怖い行司さんであった。ルールを厳格に守るレフェリングであった。ご本人からの退職届があったらしい?短刀を差し、勝負を裁く立行司の最高位に昇格した人がいる。いくらビデオ判定が多くなったからとはいえ、何回も過去差し違えもし、取り組みの最中に、取り組み力士の進行方向に廻り込み力士と重なり合ったこともある。レフェリングだろうか?これが、成績査定を、重視しているのか?立会いで、両力士が同時に手をつくのは、基本中の基本である。慣習をやめ、テレビ桟敷で観る人に、わかりやすい人事を願う者である。テレビは、三役格行司であったこの素晴らしいレフェリングを報じたろうか?自分は、残念ながら、聞く機会がなかった。  


その力士は、肩越しから両上手をひく2メートルを超える長身力士だった。負けても勝っても、上手を狙う力士だった。テレビ桟敷からは、上手を取れるかが、関心事だった。昔の大内山平吉大関を髣髴とさせた。そして、今場所が始まる前に彼の不適切な行動により引退した。今、当該部屋は、四面楚歌である。親方ともども、部屋を再興してほしい。確か、宮城野部屋は、栃・若時代前の第43代美男横綱吉葉山潤之輔が関係している部屋である。


その長身力士は、少し前に、部屋を去るときに、寂しい素顔など微塵も見せなかったように見えた。親方だけが涙を拭っていたのが印象的だった。若者には、まだ、今後が開けている。


篠崎正幸

閲覧数:49回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「政治とカネ」の問題は、「自分とカネ」の問題

2024/05/04 各政党の「政治とカネ」に関する解決案が、提出されている。党利党略の中で、今国会で、成立を予測するのは困難だし、各党の妥協の産物である解決策など、見たくはない。ここは、少し時間をかけて、議会得意の「第三者による諮問委員会」を立ち上げ、その公正・公平な諮問案を国民の前にも提示してほしいものであります。政党や議員各位は、本件の諮問には、利害関係の当事者であるので、遠慮してもらって、

首相最側近の方の発言は、3補選前に非常に重い

2024/04/25 日本と米国の政治制度の違いで、日本の官僚機構の優秀性と永続性に言及したことの意味は、政権交代に言及するより重かった。つまり、選挙で選ばれた衆・参国会議員の中の1人が、出身政党を問わず多数決で首相になれるということだ。村山富市元総理がそうだった。政治とカネの問題は、選挙に勝つ方法のひとつが、カネを多く集めたほうが票も集め勝つ(?)ということを示していたと思う。金持ちが勝つという

麻生氏訪米の謎

2024/04/23 首相訪米の直後、何故、「もしトラ」などと言われ、米政府関係者も不快(?)ととられるコメントするような旅を行なったのか?28日の補選前に、訪米した事に、素人は、疑念を持つ。 麻生氏は、現副総裁であり、首相・外相も歴任されたお方である。外交のセオリーである二元外交は絶対しないはずである。でも、訪米したのは、次期首班を含めた『政(まつりごと)』の相談ではなかったのか? 折りしもCN

Comments


bottom of page