top of page

日本政治の原点回帰となるか?

                 

2023/12/06


法治国家と云われた日本の政治とカネに関して、「事実と証拠」に基づき、検察が調査している。一般庶民には、参加の有無を問わず余り関係の無いと思われる“資金パーティー”への実態調査である。一番、党に資金協力として貢献した実力者議員が、キックバックという貢献賞を受領したことに対して、「政治資金規正法」に、抵触していないかということである。大統領選という日程が決まっている米国トランプ前大統領の来年の大統領選挙戦(?)のための一連の裁判等の延期願いと違い国会開会中か否かであると思われる。過去の民間の立花隆氏の問題指摘と同じく民間の上脇博之氏の告発である。戦後培った「民主主義の下の法治国家日本」の原点が問われることになると思う。


米国時間12月7日は、Pearl Harbor (真珠湾)での日本の奇襲攻撃の日であります。ハマスの奇襲攻撃も、真珠湾や9・11事件の奇襲攻撃と見られる。そして、eliminate, root out (絶滅、根絶やしにする)とか云う語は、米国保守強硬派の日本の無条件降伏によってのみ、今日本とは、友好国となっているという論拠となっている。だから、ハマスには壊滅作戦しかないと、云うことになる。多くの名も無き犠牲者のことよりも力の概念を押し通すことになる。ウクライナとロシアについては、大国ロシアということで、力の現実政治そのものである。日本は、戦後の繁栄から、停滞の30年を経て、民主主義の基本を再考する絶好の機会である。そして、原点回帰するのかにかかっている。検察には、唯、粛々と正義が進捗するのを祈るばかりである。


篠崎正幸

閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「政治とカネ」の問題は、「自分とカネ」の問題

2024/05/04 各政党の「政治とカネ」に関する解決案が、提出されている。党利党略の中で、今国会で、成立を予測するのは困難だし、各党の妥協の産物である解決策など、見たくはない。ここは、少し時間をかけて、議会得意の「第三者による諮問委員会」を立ち上げ、その公正・公平な諮問案を国民の前にも提示してほしいものであります。政党や議員各位は、本件の諮問には、利害関係の当事者であるので、遠慮してもらって、

首相最側近の方の発言は、3補選前に非常に重い

2024/04/25 日本と米国の政治制度の違いで、日本の官僚機構の優秀性と永続性に言及したことの意味は、政権交代に言及するより重かった。つまり、選挙で選ばれた衆・参国会議員の中の1人が、出身政党を問わず多数決で首相になれるということだ。村山富市元総理がそうだった。政治とカネの問題は、選挙に勝つ方法のひとつが、カネを多く集めたほうが票も集め勝つ(?)ということを示していたと思う。金持ちが勝つという

麻生氏訪米の謎

2024/04/23 首相訪米の直後、何故、「もしトラ」などと言われ、米政府関係者も不快(?)ととられるコメントするような旅を行なったのか?28日の補選前に、訪米した事に、素人は、疑念を持つ。 麻生氏は、現副総裁であり、首相・外相も歴任されたお方である。外交のセオリーである二元外交は絶対しないはずである。でも、訪米したのは、次期首班を含めた『政(まつりごと)』の相談ではなかったのか? 折りしもCN

Comments


bottom of page