top of page

政治の裏技(女性首相誕生か?)

2024/02/03


出演:麻生氏、上川氏、岸田氏、小池氏


麻生氏の言動は、国民には、意地悪で、下品で、女性の生の声で訴えるのに、逡巡している事を、充分熟知して、「自民党の政治とカネ」に代表される「自民党への非難」を、自民党副総裁として、責任を取ろうとしているのではないか?麻生氏ほどの長い政治暦の中で、自民党への今以上の反旗があがることを、回避しようしているのではないか?


上川氏への言葉も政界に長年いて、酸いも甘いも充分知り尽くしていて、政界という魑魅魍魎の中で、いつも主導権を持ち、首相を退いた後でも、院政的実権をふるっている人からの言葉ではないか。普通の人ではないのだ。というのは、英語での上川氏をほめるところは、首相にもなったお方は、上川氏の略歴・職歴等を充分熟知しているし、以前外相に従事していたお方が、約束事の英会話等も充分知っていると、当然のことも敢えて上川氏を判りやすくほめたのではないか、と思う。このことは、私の邪推かもしれないが、上川氏の国会での答弁で、故緒方貞子国連難民高等弁務官に言及した部分である。私の妄想かもしれないが、神のような存在を引き合いに出し、日本の政治のリーダーになることを受託したのではないか?時を同じく、小池都知事が、岸田首相と面会した。都知事として、長期に都政を指揮しているのは、関西出身者でありながらジバンが強固である。また防衛大臣も勤め上げ、次のステップとしては、日本政治のリーダーになるところである。つまり、岸田首相の次なる人は、もう長年の男性の政治に幻滅を感じている国民にとっての“朗報”である女性首相の誕生である。


故に、あの英国首相であったサッチャー氏を目指すお二方の「鉄の女」への再来を願うばかりである。


篠崎正幸

閲覧数:71回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「政治とカネ」の問題は、「自分とカネ」の問題

2024/05/04 各政党の「政治とカネ」に関する解決案が、提出されている。党利党略の中で、今国会で、成立を予測するのは困難だし、各党の妥協の産物である解決策など、見たくはない。ここは、少し時間をかけて、議会得意の「第三者による諮問委員会」を立ち上げ、その公正・公平な諮問案を国民の前にも提示してほしいものであります。政党や議員各位は、本件の諮問には、利害関係の当事者であるので、遠慮してもらって、

首相最側近の方の発言は、3補選前に非常に重い

2024/04/25 日本と米国の政治制度の違いで、日本の官僚機構の優秀性と永続性に言及したことの意味は、政権交代に言及するより重かった。つまり、選挙で選ばれた衆・参国会議員の中の1人が、出身政党を問わず多数決で首相になれるということだ。村山富市元総理がそうだった。政治とカネの問題は、選挙に勝つ方法のひとつが、カネを多く集めたほうが票も集め勝つ(?)ということを示していたと思う。金持ちが勝つという

麻生氏訪米の謎

2024/04/23 首相訪米の直後、何故、「もしトラ」などと言われ、米政府関係者も不快(?)ととられるコメントするような旅を行なったのか?28日の補選前に、訪米した事に、素人は、疑念を持つ。 麻生氏は、現副総裁であり、首相・外相も歴任されたお方である。外交のセオリーである二元外交は絶対しないはずである。でも、訪米したのは、次期首班を含めた『政(まつりごと)』の相談ではなかったのか? 折りしもCN

Comentarios


bottom of page