top of page

市議会議員選挙完敗の弁

2023/4/25


皆さま方の温かいご支援にも関わらず、何も報いる事が出来ず、まことにお詫びする術がありません。この経験を踏まえて、日常活動に移ります。政治家という事を一旦目指した以上、今後も私ならではの政治活動を続けます。バイデン大統領を引き合いに出すのは大変おこがましいのですが、彼は年齢のことを聞かれると "Watch me !!" でした。


しかし、今まで見た事もない景色を見て、また実際活動してみて、何とも素晴らしい、私にとってかけがえのない初舞台でした。その舞台に出た緊張感と皆様方のまなざしに、立ちすくむものがありました。何とか一週間、私にとって長い長い選挙活動の中で、温かく応援してくれた皆さま、転校生を温かく迎え入れてくれて、選挙に関するABCを教えてくださった大物議員さんの優しい茅ケ崎のお心遣い、精鋭が集まり助けてくださったボランティアの皆さまの強く若い情熱に報いる事は出来ませんでしたけれども、皆さま方が私に寄せて下さった思いは忘れません!


心より感謝申し上げます。


頓首

篠崎 正幸

閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「政治とカネ」の問題は、「自分とカネ」の問題

2024/05/04 各政党の「政治とカネ」に関する解決案が、提出されている。党利党略の中で、今国会で、成立を予測するのは困難だし、各党の妥協の産物である解決策など、見たくはない。ここは、少し時間をかけて、議会得意の「第三者による諮問委員会」を立ち上げ、その公正・公平な諮問案を国民の前にも提示してほしいものであります。政党や議員各位は、本件の諮問には、利害関係の当事者であるので、遠慮してもらって、

首相最側近の方の発言は、3補選前に非常に重い

2024/04/25 日本と米国の政治制度の違いで、日本の官僚機構の優秀性と永続性に言及したことの意味は、政権交代に言及するより重かった。つまり、選挙で選ばれた衆・参国会議員の中の1人が、出身政党を問わず多数決で首相になれるということだ。村山富市元総理がそうだった。政治とカネの問題は、選挙に勝つ方法のひとつが、カネを多く集めたほうが票も集め勝つ(?)ということを示していたと思う。金持ちが勝つという

麻生氏訪米の謎

2024/04/23 首相訪米の直後、何故、「もしトラ」などと言われ、米政府関係者も不快(?)ととられるコメントするような旅を行なったのか?28日の補選前に、訪米した事に、素人は、疑念を持つ。 麻生氏は、現副総裁であり、首相・外相も歴任されたお方である。外交のセオリーである二元外交は絶対しないはずである。でも、訪米したのは、次期首班を含めた『政(まつりごと)』の相談ではなかったのか? 折りしもCN

Comments


bottom of page