top of page

大谷選手は善意の第三者(a third party w/o knowledge)

更新日:4月6日

2024/03/22


巨額な違法賭博スキャンダル(scandal)ということで、ESPN(Entertainment & Sports Programming Network)で、インタビューされた当事者からの一旦大谷選手の借金肩代わり関与(?)と述べた事に対して、大谷選手の借金肩代わり関与(?)等を撤回したという要求がクローズアップされている。選手関係弁護士は、「巨額の窃盗被害」発生として、Law Enforcement Agency(法執行機関)に、捜査を依頼したようだ。


状況としては、特に、違法賭博に対する米国社会と倫理観、カリフォルニア州法と外国出身有名スポーツ選手の特定支援者への対応、巨額資金の流れ等が、理論だてられて、法治国家として、粛々と、進行するはずである。


大谷選手には、このまま、発表されたとおり“善意の第三者”で、揺るぎが無い事実として、進む。


逆に、何らかの本件当該知識があったのなら、“Be, Honest!” で、進んでほしい。


篠崎正幸

閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「政治とカネ」の問題は、「自分とカネ」の問題

2024/05/04 各政党の「政治とカネ」に関する解決案が、提出されている。党利党略の中で、今国会で、成立を予測するのは困難だし、各党の妥協の産物である解決策など、見たくはない。ここは、少し時間をかけて、議会得意の「第三者による諮問委員会」を立ち上げ、その公正・公平な諮問案を国民の前にも提示してほしいものであります。政党や議員各位は、本件の諮問には、利害関係の当事者であるので、遠慮してもらって、

首相最側近の方の発言は、3補選前に非常に重い

2024/04/25 日本と米国の政治制度の違いで、日本の官僚機構の優秀性と永続性に言及したことの意味は、政権交代に言及するより重かった。つまり、選挙で選ばれた衆・参国会議員の中の1人が、出身政党を問わず多数決で首相になれるということだ。村山富市元総理がそうだった。政治とカネの問題は、選挙に勝つ方法のひとつが、カネを多く集めたほうが票も集め勝つ(?)ということを示していたと思う。金持ちが勝つという

麻生氏訪米の謎

2024/04/23 首相訪米の直後、何故、「もしトラ」などと言われ、米政府関係者も不快(?)ととられるコメントするような旅を行なったのか?28日の補選前に、訪米した事に、素人は、疑念を持つ。 麻生氏は、現副総裁であり、首相・外相も歴任されたお方である。外交のセオリーである二元外交は絶対しないはずである。でも、訪米したのは、次期首班を含めた『政(まつりごと)』の相談ではなかったのか? 折りしもCN

Comments


bottom of page