top of page

ジャニーズ記者会見と、「リスクマネジメント」と「解体的出直し」

2023/10/11


民間会社の記者会見について、一民間人が、意見を述べていいものかどうか、わかりませんが、もうこれ以上の会見は、必要ではないと個人的に思います。失礼な言い方で申し訳ありませんが、“泥仕合”の様相を、これからの会見で呈すように感じられます。今後の会見は、種々の案件で、法的執行機関が仮に万一動くようになったときでしょうか?


しかし、会社に相談されたコンサルティング会社が、「解体的出直し」と、「リスクマネジメント」を前提に、どういうシナリオで、貴重な会見時間を睨みながら、誰に演じてもらうのかを、決定したのには、被害者、世間、プロの記者諸氏の前で、少し誤りと、役者不足があったと、素人ながら思います。


「リスクマネジメント」からの観点では、謝罪会見前に、会社にとって、世間で知らない“非”となる行為は、洗いざらい記述し、当事者なのですから、傍観者的態度をかなぐり捨てて、その“まとめ”を、プレスレリース等で、発表すべきです。その前に、お客様である放送局を含めたスポンサー会社には、まとめ内容と、現行契約上の権利・義務関係を明らかにし、一方当事者からの解約も含めた協議にも応じるべきである。


「解体的出直し」からの観点では、被害者へもとの少年・青年に戻ってもらうことは、できないのですから、残された償いは、復帰とかがあるかもしれませんが、多くは、法を超えた補償(時効期間の撤廃・英語契約にあるpunitive damages=懲罰的損害賠償?追加等)と当事者が言明している方法でしか償う手段がありません。償って初めて、解体となるのです。


また解体的出直しでは、会社に利害関係のある関係者は、新会社の役員には、参加できません。新会社は、大変だと思いますが、影響力ある関係者がいると、新しい方針を伝えることが、難しくなることがあります。新会社と、新会社に参加しなかった現行会社の人と、競合関係にる場合もありますが、芸の高み・極みを目指す人にとっては、厳しい芸能関係では、新たなスタートラインであり、ファンが、その競合の審査員となるのは、今と変わらないのではないでしょうか?


そして何よりも、当該利害関係者の損得となる資本・財務関係諸表を速やかに作成しなければなりません。でないと、被害者に償う方法が、スタートしません。


篠崎正幸

閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「政治とカネ」の問題は、「自分とカネ」の問題

2024/05/04 各政党の「政治とカネ」に関する解決案が、提出されている。党利党略の中で、今国会で、成立を予測するのは困難だし、各党の妥協の産物である解決策など、見たくはない。ここは、少し時間をかけて、議会得意の「第三者による諮問委員会」を立ち上げ、その公正・公平な諮問案を国民の前にも提示してほしいものであります。政党や議員各位は、本件の諮問には、利害関係の当事者であるので、遠慮してもらって、

首相最側近の方の発言は、3補選前に非常に重い

2024/04/25 日本と米国の政治制度の違いで、日本の官僚機構の優秀性と永続性に言及したことの意味は、政権交代に言及するより重かった。つまり、選挙で選ばれた衆・参国会議員の中の1人が、出身政党を問わず多数決で首相になれるということだ。村山富市元総理がそうだった。政治とカネの問題は、選挙に勝つ方法のひとつが、カネを多く集めたほうが票も集め勝つ(?)ということを示していたと思う。金持ちが勝つという

麻生氏訪米の謎

2024/04/23 首相訪米の直後、何故、「もしトラ」などと言われ、米政府関係者も不快(?)ととられるコメントするような旅を行なったのか?28日の補選前に、訪米した事に、素人は、疑念を持つ。 麻生氏は、現副総裁であり、首相・外相も歴任されたお方である。外交のセオリーである二元外交は絶対しないはずである。でも、訪米したのは、次期首班を含めた『政(まつりごと)』の相談ではなかったのか? 折りしもCN

Comments


bottom of page