top of page

あなた方が、これから動かす社会変動

2023/9/10


人権という一番重たい権利を、一番多感な少年・青年時代に、権力者から奪われた過去は、もう二度と戻って来ない。日本社会の靠れ合い、阿り、長いいものには巻かれろという事なかれ主義そして忖度社会の犠牲者である。被害者への共感とか、寄り添うとか、同情とか、言葉からは、種々言えるが、現実には、一切あてはまられない個人一人ひとりの経験・体験だけでしか、残していない世界である。


しかし、皆様方のお陰で、事務所への調査報告書・会見それからの短期間の動きから、

世の中には、“速さ”が、少し出てきた様に感じられる。


今までは、『、、、報告書の内容を、社に持ち帰り、充分検討した上で、然るべき時に、厳正に対処いたします。。。』概ねそのような対応であった。ところが、今回は、あるビール会社のように、事務所と、契約解除に言及し対応するということである。


つまり報告書を、余りにも遅れている公的法執行機関の何らかの発表を待たずに、民間会社の独自の対応を、横並び無しに公言したのである。契約一方当事者の契約解除の方向を暗示したのである。つまり、消費者重視の実践である。


報告書を次のように読んだと思われる。


a) 事務所の解体的出直し

今の事務所は、懲罰的(punitive)損害賠償等の残務処理機関でのみ存続する。新しい事務所名で、新しい組織・人財等で、発足する。政治家みたいな「記憶にございません。」という言葉に嫌悪感を抱く消費者が多い。それと、昔からのお仲間は、“共犯者”としてみる傾向がある。


b) マスメディアの沈黙

今回の事件でのその役割が、BBCという国際報道の後でのこととして、国際化に充分苦労している会社としては、これでは、世論がサポートしないものとして、ある種ここは、独自に、スポンサーとして、断罪したのである。


以上のことから、あなた方の活動が、今後何か社会を民間ベースで動かしている行動としてとらえられるのではないかと思います。

              

篠崎正幸

閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「政治とカネ」の問題は、「自分とカネ」の問題

2024/05/04 各政党の「政治とカネ」に関する解決案が、提出されている。党利党略の中で、今国会で、成立を予測するのは困難だし、各党の妥協の産物である解決策など、見たくはない。ここは、少し時間をかけて、議会得意の「第三者による諮問委員会」を立ち上げ、その公正・公平な諮問案を国民の前にも提示してほしいものであります。政党や議員各位は、本件の諮問には、利害関係の当事者であるので、遠慮してもらって、

首相最側近の方の発言は、3補選前に非常に重い

2024/04/25 日本と米国の政治制度の違いで、日本の官僚機構の優秀性と永続性に言及したことの意味は、政権交代に言及するより重かった。つまり、選挙で選ばれた衆・参国会議員の中の1人が、出身政党を問わず多数決で首相になれるということだ。村山富市元総理がそうだった。政治とカネの問題は、選挙に勝つ方法のひとつが、カネを多く集めたほうが票も集め勝つ(?)ということを示していたと思う。金持ちが勝つという

麻生氏訪米の謎

2024/04/23 首相訪米の直後、何故、「もしトラ」などと言われ、米政府関係者も不快(?)ととられるコメントするような旅を行なったのか?28日の補選前に、訪米した事に、素人は、疑念を持つ。 麻生氏は、現副総裁であり、首相・外相も歴任されたお方である。外交のセオリーである二元外交は絶対しないはずである。でも、訪米したのは、次期首班を含めた『政(まつりごと)』の相談ではなかったのか? 折りしもCN

Comments


bottom of page